釜めし志津香

一釜へのこだわり

志津香のご案内
一釜へのこだわり
おしながき
お持ち帰り・お弁当
アクセスマップ

土釜入り釜めし
 920円
(+税)〜
お持ち帰り釜めし
おむすび弁当
 800円
(+税)
手づくりおむすび弁当
 お持ち帰り・お弁当
   メニューはこちら


メディアでご紹介いただきました
 メディア掲載一覧

2016年
志津香大宮店の
沙羅双樹
(サラソウジュ)


  2017年
 

 2016年バックナンバー
 l 3月 l 4月 l 5月 l 6月 l 7月 l 8月 l 9月 l 10月 l 11月 l 12月
 2017年バックナンバー
 l 1月 l 2月 l

●東大寺二月堂修二会(しゅにえ) お水取り  3月1日〜3月14日

場所: 東大寺
内容: 日本最古の行事で天平勝宝4年(752年)から行われています。東大寺の僧侶が
二月堂のご本尊の十一面観音に自他の罪とけがれを懺悔し国家の安泰と人々の豊楽を祈る法要です。

問い合わせ: 東大寺 0742-22-5511

●月ヶ瀬梅渓  〜3月31日

場所: 月ヶ瀬梅渓(期間中JR・近鉄奈良駅より直バスあり)
内容: 約1万本の美しい梅がご覧いただけます。また期間中は多数のイベントが開催される予定です。
問い合わせ: 月ヶ瀬観光協会 梅祭り 0743-92-0300 

●奈良公園 片岡梅林  〜3月下旬

場所: 奈良公園内 浅茅ヶ原
内容: 10種類200本の美しい梅や歴史的な建造物あります。
手軽に観梅を楽しみたい方にはおすすめです。
問い合わせ: 奈良公園管理事務所 0742-22-0375

●正暦寺 人形供養 3月9日

場所: 正暦寺
(JR・近鉄奈良駅から、米谷町行きバス「柳茶屋」下車、徒歩30分)
時間: 14:00〜15:30
内容: 人形たちの供養をしてもらうことができます。(有料)
問い合わせ: 正暦寺 0742-62-9569

●菅原の里 盆梅展     〜3月12

場所: 菅原の里(近鉄西大寺駅から徒歩15分)
     −菅原天満宮会場、喜光寺− (おとな500円)
時間:  9:00〜16:00
内容: 梅の花とゆかりの深い菅原道真公の生誕地とされる菅原の里で行われる盆梅展です。樹齢100年〜150年の老梅が展示されています。
料金: 菅原天満会場 \500

問い合わせ: 奈良市観光センター 0742-22-3900

●奈良国立博物館 特別陳列 「お水取り」 〜 3月14

場所: 奈良国立博物館
時間: 9:30〜17:00 (2月20日、27日休館)
※入館は閉館の30分前まで
※2/8〜2/14は20:30まで開館 ※3/1、2、5〜9、13、14は18:00まで開館 ※3/12は19:00まで開館
内容: お水取りの時期に合わせてお水取りに関連する絵画、図像、文書、工芸品の展示されます。
料金: 大人\520 大学生\260(子供連れで割引あり) 高校生以下、70歳以上無料
問い合わせ: 奈良国立博物館

●鹿寄せ  〜3月12日まで (月曜日を除く毎日)

場所: 飛火野
時間: 10:00〜 約15分
料金: 無料
内容: ホルンの音に誘われて、やってくるの鹿の群れは見ごたえがあります。ぜひ体験してみてください!
問い合わせ: 0742-22-2388  奈良の鹿愛護会 

●若草山 春の開山

開山期: 3月18日〜12月10日
場所: 若草山
時間: 9:00〜17:00
料金: 
入山料 大人\150 子供(3歳以上) \80
30分〜40分程で登れて、頂上からは奈良市内や生駒山が眺望でき、大変美しいです。

●春日大社 御田植祭(御田植神事)  3月15日

場所: 春日大社
時間: 11:00〜
内容: 平安末期に始まり伝えられる行事で、
林檎の庭、榎本神社下、若宮社で田男の耕作、神楽歌にあわせて八乙女の田植えの舞が奉納されます。
問い合わせ: 春日大社 0742-22-7788

●鹿せんべいとばし大会 3月19日・20日

場所: 若草山
時間: (開始) 10:00〜15:00
参加料: 300円(若草山入山料別途必要)
問い合わせ: 奈良若草山観光振興会  0742-22-3626

●県立美術館   〜3月15日

祈りの美 〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉〜
場所: 奈良県立美術
時間: 9:00〜17:00(入館は30分前まで)
休館日: 月曜日 (但し3月6日、13日は開館)
観覧料金: 一般400円、大高生250円、中小生150円

問い合わせ:奈良県立美術館

●入江秦吉記念奈良市写真美術館    〜4月9日

〜第2回入江秦吉記念写真賞受賞記念 田淵三菜「into the forest」展〜
〜入江秦吉写真展「大和路」

場所: 奈良市写真美術館
時間: 9:30〜17:00(入館は30分前まで)
    月曜日及び2月12日休館 
料金: 一般500円、高大生200円、小中学生100円 高校生以下は土曜日は無料
問い合わせ:入江泰吉記念奈良市写真美術館   0742-22-9811

●奈良公園 馬酔木  3月上旬〜下旬にかけて

語源は馬が食べると苦しんで酔っている様に見えるところから名付けられました。公園の鹿は絶対に食べません。その花はスズランに似た白い小さな花を咲かせます。

●伝香寺の散り椿・武士椿  3月中旬〜4月上旬

場所: 奈良市小川町 (JR・近鉄奈良駅 徒歩10分)
時間: 9:00〜16:00
内容: 普通の椿と違った、花びらが1枚づつ散る様がご覧頂けます。
料金: 拝観料\400

●白毫寺の五色椿  3月中旬〜4月上旬

奈良市白毫寺(びゃくごうじ)にある「五色椿」は別名七福神とも呼ばれ、樹齢400年以上で 奈良県文化財天然記念物に指定されています。1本の木に赤や白の花をつける珍しい木をご覧いただけます。



※日時は予告なく変更される場合がございます。
詳細は開催元にてご確認くださいますようお願いいたします。
ページの先頭


 2016年バックナンバー
 l 3月 l 4月 l 5月 l 6月 l 7月 l 8月 l 9月 l 10月 l 11月 l 12月
 2017年バックナンバー
 l 1月 l 2月 l


| トップ | 一釜へのこだわり | おしながき | お持ち帰り・お弁当 | アクセスマップ | メディア掲載一覧 | サイトマップ |
| 奈良インフォメーション | 奈良の行事 | 奈良こぼれ話 | 今月のおすすめスポット |

ページの先頭